茨城県日立市の地域密着型証券会社 (地場証券)

Menu

手数料およびリスク

ホーム > サービスのご案内 > 手数料およびリスク

手数料

2019年5月1日 改定

臼木証券での各種手数料をご案内いたします。なお、ご投資に関するリスクについてはこちらをご覧ください。

委託手数料表

国内株式(ETF・REIT等)

約定代金 委託手数料(税込)
100万円以下 約定代金の1.242%
100万円超~300万円以下 約定代金の0.918%+3,240円
300万円超~500万円以下 約定代金の0.810%+6,480円
500万円超~1,000万円以下 約定代金の0.702%+11,880円
1,000万円超~3,000万円以下 約定代金の0.540%+28,080円
3,000万円超~5,000万円以下 約定代金の0.324%+92,880円
5,000万円超 約定代金の0.108%+200,880円

※上記のテーブルで計算された手数料金額が2,700円(税込)を下回った場合は2,700円とし、294,300円(税込)を上回った場合は294,300円とします。

※円位未満の端数が生じた場合には、端数を切捨てます。

※上表による算定額は、消費税相当額を含みます。

※外国株式国内委託取引(日本の金融商品取引所に上場している外国株を売買する取引)を含みます。

その他の手数料および手続料

対象 手数料および手続料
保護預り口座管理料
1口座あたり
  • 1年を計算期間とする場合 1,000円(税込)
  • 3年を計算期間とする場合 2,700円(税込)
外国証券取引口座管理料
1口座あたり
  • 1年を計算期間とする場合 1,000円(税込)
  • 3年を計算期間とする場合 2,700円(税込)
株券口座振替手数料
(保管振替機構を利用し他証券会社へ振替)
振替株数 手数料(税込)
1単元以下 1,080円
1単元超
~10単元以下
1,080円に1単元以下を増すごとに540円を加算した額
10単元超 6,480円
※株券口座振替手数料は、1銘柄あたりの金額です。
名義書換手続料 1銘柄1名義人につき
単元 手数料(税込)
10単元以下 540円
10単元以上、
1単元ごと
540円に54.0円加算
※上限は10,800円とします。
単元未満株式買取・買増請求手数料 1銘柄1買取請求につき 540円(税込)
1銘柄1買増請求につき 540円(税込)

※保護預り口座と外国証券取引口座を複数ご契約の場合には、管理料の割引制度がございますので、担当窓口までお問い合わせ下さい。

ご投資に関するリスクについて

投資リスクのリスク(risk)とは、「危険、危険性、損害のおそれ」等に訳され、一般的には「損をすること」と解釈される場合が多いですが、証券投資におけるリスクの意味とは、価格等における変動の大きさや将来リターンの不確実性、変動性等をさすものです。リターンとは、投資において将来得られる可能性のある収益や収益率をさします。

価格変動リスク(=市場リスク、マーケット・リスク)

金融商品の価格が、市場の変動により、市場価格や金利、為替レート等において予見不可能な、あるいは確率的に変動するリスクを言います。例えば、株式や債券等の原資産の価格変動や金利や為替、クレジット・スプレッド、物価指数や天候等の参照指標の予測できない変動から生じるリスクをさします。

「価格変動リスク」は、「市場リスク」や「マーケット・リスク」と呼ばれる場合もあり、更にそれを細分化したものが、「金利変動リスク」や「為替変動リスク」などと示される場合もあります。

信用リスク

信用力の予期せぬ変化に関連して、価格が確率的に変化するリスクを言います。「信用リスク」の中には発行体や融資先の信用力低下等による「クレジット・リスク」や債務者が債務不履行になる「デフォルト・リスク」があります。特にディリバティブ取引において、取引相手の信用リスクのことを「カウンターパーティ・リスク」といいます。

流動性リスク

ポジションの調整等をする際、市場の需給バランスが悪化し流動性が枯渇することで、機動的な有価証券等の売買取引が阻害されるリスクのことをいいます。

カントリーリスク

投資対象国の政治経済情勢の変化等に起因した混乱や税制等の法体系の変更等が生じることで、価格変動や流動性において著しく投資運用に支障をきたす可能性のあるリスクとなります。

オペレーショナル・リスク

業務活動に係る包括的なリスク。内部プロセス、ヒューマンエラー、システム障害等の機能不全、外生的要因による損害に係るリスクを言います。具体的には、法務リスク、事務リスク、システム・リスク、被災リスク、風評リスクなどが挙げられます。

システミック・リスク

単一の企業やグループ等の破綻や特定市場での機能不全等が、市場全体や金融システム全体に波及する連鎖的な崩壊に関するリスク。大規模災害、戦争、テロ攻撃等の影響も含められます。

複雑性リスク

金融商品の複雑性に伴う個別的リスク。時価評価でのモデル・リスク、パラメータ・リスク、規制や制度変更対応でのリスクをいいます。